FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天の岩戸

「天の岩戸」さんは、神路山の逢坂峠のふもとにある洞窟で、付近一帯を高天原ともよんでいる。天の岩戸神話になぞられているのもこの付近が杉の木立がうっそうとし、ひんやりとした霊気につつまれ、岩戸から渾々と清水が湧き出ている。この流れは禊滝と呼ばれる滝となってたえず神路ダムに流れまんまんとただよい、水面にはお獅子の岩影や緑こく育った神路山の植林のすがたをそのまま写し、志摩用水として日量31000トン、志摩住民の生活飲料水の源となっている。

だそうです。

天の岩戸

天の岩戸(恵利原の水穴)は、
環境庁より名水百選として指定を受けているそうです。
すごい勢いで流れ出てましたよぉ!
生水なので飲めません。
洞窟

坂の下にある駐車場に車を止めて天の岩戸まで歩いたんだけど、
すんごい涼しいの。まさに「ひんやりとした霊気につつまれ」てる感じ。

天の岩戸1
滝の流れが激しくて、水しぶきが煙や霧みたいなの。

9月の下旬の三重旅行は暑かったけど、ここだけはすっごく涼しくてひんやりしてました。


天の岩戸の後は、おかげ横丁に戻って昼ごはん&デザート。
黒糖と黒豆のくるり
午前中だったから、伊勢神宮付近の駐車場は激混みでした。
前の日、私達が参拝した時は駐車場も神宮内も混んでなかったのに。やっぱり参拝は午前中にするのが普通なのでしょうかね?

コメントの投稿

非公開コメント

「ひんやりとした霊気につつまれ」ている感じが
良く写し出されてますっv-212

あの混みようは、『伊勢参り』の真髄を知りました。。。
最近の記事
カテゴリー
注目
リンク
訪問者数

現在の閲覧者数:
Amazon
ブログ内検索
  1. 無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。